close >>

駆動系クラッチ、ドライブシャフトのメンテ。

2013年11月03日

当店に御来店の皆様が各デモカー兼代車(BEATが7台所有)を試乗しされた時。
殆どの場合の第一声!
「このクルマ!クラッチの感じが違う!?」変な感じ・・一体どういう事なんでしょうか?・・・と。

 

CIMG7078.JPG
CIMG7077.JPG
CIMG7080.JPG
実は、当店のデモ車兼代車は殆どミッション本体OH済・クラッチKITも新品に交換済み。
で、そうです!。

今お乗りになったそれが標準ですとお答えします。
ご自分のBEATと感じが違うのは、クラッチKIT総体の劣化が原因です。
ですから調整の云々で直る訳では御座いません。
BEATはクラッチ制御系を油圧で行っている為、ペダルの高さ調整以外はペダルの遊び等は基本的には出来ません。
※他の軽自動車等の場合は、制御系がワイヤー式ですのでペダルの遊び調整等が可能です。
意外ですがクラッチ系のパーツ劣化がネックでBEATの走る楽しさを阻害している場合が結構あるようです。
皆様、クラッチをメンテすると乗りやすくなったとおっしゃります。
例としては
あの2300回転~3000回転付近4速~5速でアクセルオンにて「ジャラジャラ音」本当に気になります。
*上記の件について、H系ディーラーに相談しても、原因解明にだいぶ時間が掛かったなんて言うお話しもよく耳にします。
下記クラッチディスク内側のスプリングのガタ音が響いてくるのが主な原因。
CIMG7095.JPG
使い方にもよりますが、下記画像プレートとプレートの間のスプリングも同様にガタが出る場合があります。*此方は余り知られていないマニアックな部分?です。(笑)
CIMG7096.JPG
CIMG7076.JPG
約11万キロ走行したミッションの内側です。
クラッチディスクの削りかす等ダストで真っ黒です。
*ドラムブレーキの内部も同じですね。
上記ブレーキの場合は車検の都度点検清掃ですが、クラッチ内は22年間開けていませんので・・・。
ディスク同様に気になる音の原因は?。
真ん中に見える部品がクラッチのレリーズベアリングと言う部品です。
クラッチペダルを踏んだと時は消えて、離すと「シャ~音」はこのベアリングの音です。

それと、借りた代車ビートの方が燃費が良いなどと・・・よくおっしゃって頂きます!
上記原因については、ドライブシャフト・ハブベアリング等の経年を含む劣化も否めません。
CIMG7092.JPG

新しいパーツ等と交換により燃費や加速なども変化を期待できます。
CIMG7093.JPG
CIMG7094.JPG
*単なるブーツの交換等だけではなくベアリング等も一新すると車の走りも軽くなる感じがしますね。
ご紹介の黄びは横浜のI/O様のお車です。
ドライブシャフト左/右交換及びクラッチ交換と合わせ、当店ストックのWPC処理済トランスミッション/クスコRS-TYPE LSD装着/フィフスハイギヤード化を搭載しました。

 

 

末永くお乗りいただく為ですが、とても羨ましいモディファイだと思われます。(^^)/

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE