close >>

10年先まで現役でを目指して、エンジン再構築化の為の秘策パーツを準備中です。!

2018年01月23日

茨城県在住のN様よりエンジン・ミッション他の総合メンテナンスのご依頼い頂きました。

  

 

 

先ずはエンジン再構築化に向けて通常仕様と併せて、

また、一生一回メンテ的意味合いにて

純正新品及びリファインパーツを組み込んでのE/Gリビルド化を実施する事になりました。

 

 

 

 

WPC加工処理されたピストン・ピストンピンSETです。

 

 

 

 

ピストンリングについてはWPC処理後に耐摩耗性向上目的にてDLC処理を施されています。

 

 

 

 

純正バルブロッカーシャフトもDLC処理を施工しました。

 

間違ってエンジンをオーバーレブしてしまった際のお守り的意味で、

「高回転追従タイプバルブSP 」SETを装着します。

 

 

frixion(不二WPC) 製品情報はこちら

 

 

 

 

また、1,3番シリンダーの間に挟まれ、両側から熱により歪みがで易い2番シリンダー横方向。

歪み防止目的にてウオータージャケット部位みに上記パーツを挟み込みシリンダーヘッドの変形を防ぎます。

 

更に、カムシャフトについても既存カムシャフトをラッピング加工後再使用ではなく、

2013年から製法変更された純正新品カムを使用します。

 

という訳で、ニュー エンジン製作の為の準備が徐々に整ってきました。

 

 

ご依頼頂いたからには納車時に「ウオ~何だコレは~」とオーナ様が心の中で叫んで頂けたら・・・。 (^_^)v

 

と思いを寄せながら(^o^)日々ビート道に精進しております。

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE