close >>

ブレーキローター経年劣化、コレ!注意しましょうね!

2016年11月20日

毎度のお話ですので多くは語りませんが、ブレーキローターとディスクパッドのお話。

 

 

dsc00082

 

 

ブレーキローター表面は時々見かける程度の痛み具合ですが。

 

 

dsc00080

 

 

裏面を見るとご覧の状態! これじゃ~どなたが見てもまともにブレーキが効かないのはお判りかと!

パッドも表と裏でこんなに減りが違っているのと、よく見ると歪んでいます。

左側表面は6㎜残くらいで右側残が3㎜くらいでしょうか?う~んと、

奥の方へ眼を移すと更に減っています。

いわゆる「偏摩耗状態」です。

 

 

ビートはブレーキペダルからの力を、マスターバック(真空倍力装置)を介してキャリパーに伝えているますが、
ピストンで押しているのはこの裏側のみの「片押し」タイプ。

 

 

こめ高級車や普通車スポーツカーは車両重量やスピードの関係での効きを考慮して「両面押し」ですが・・・。

 

 

dsc00076

 

 

 

表面だけを見てローターの状態やパッドの状態を判断するのは淒~く危険だと言うことです。

 

 

こちらの症状の原因はは単にパーツの劣化だけでなく、

ブレーキキャリパー内部の問題が結構多いのです。

 

 

いわゆるキャリパー内ピストン&シリンダーの焼き付き現象です。

 

 

当店に於いても定期点検整備時に前/後キャリパーのオーバーホールは必ずお勧めして折ります。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE