close >>

中央道での車両火災・・・。

2016年12月19日

昨日12月18日(日)に、中央道での車両火災が発生!とのご連絡を本日、午前中にBEATオーナー様から頂きました。

 

テレビ(地上波)で結構報道されていたらしいのですが・・・。

 

どうやら 「ビートバージョンF」 らしいのです。(;_;)

 

※小生、昨日はサッカーのクラブ世界一決定戦の事で頭が一杯!でした。

 

地元茨城県のJ1クラブチーム 鹿島アントラーズが出場ですので特に・・・(^_^)v

サッカーの話はここいらで、で、炎上!ですので、只事ではありませんよね!

原因として一番考えられる部分と言えば燃料系のトラブル。

 

例えば燃料ホースホースが経年劣化により亀裂が入り・・・とかですよね~。

 

 

 

cimg3994

 

 

画像左下のホースです。

 

 

cimg3560

 

 

判りますか?今度は反対側からの画像です。

 

上側の黒光りしているホースです。

 

実は燃料関係のパーツも現在総ては揃はないのが現状なのです。

 

 

cimg3559

 

 

「ホースCOMP、フューエルフィード」 は今でも供給されていますが、

燃料ポンプの所の「ホースCOMP、フュエルジョイント」 

と言うホースがご相談パーツにて現時点で供給されません。

 

 

cimg3561

 

 

燃料が漏れ出しホースが光っています・・・。

 

夏場だったら燃料が気化して 「ドカン!」  あると思います!。

 

早急に手立てを考えたいと思います。

 

具体的に言うと当店にて近い将来自主製作しようと思っていたパーツですが、
期間を早めて早急に検討したいと思います。

 

※既にブレーキホースやクラッチホース、ブレーキローター等も国産品にて当店で自主製作はしております。

どちらにしても、25年前の旧車をメンテ無しで乗れば、
何らかのトラブルを避けて通るのは難しいと思われます。

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

“中央道での車両火災・・・。” への2件のフィードバック

  1. いとまさ より:

    怖いなぁー

  2. サカビー より:

    なにやら、この事故を期にビートパーツ再販要望運動がひそかに起こっているとか・・・(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE