close >>

全塗装の次は幌スクリーンSET交換を施工となりました。(^O^)/

2018年09月14日

茨城県在住のH/M様ご所有の赤びーです。この度は幌/スクリーンSETの交換を承りました。

 

 

外装同色全塗装については補記類のヘッドライトASSY・カウルトップ交換等も含め、数年前に施工を済んでいる個体。

本来は塗装後、暫らく経った時点で幌/スクリーンSET交換を予定していましたが・・・クラッチOHを優先して施工。

 

 

塗装施工後、半年程経ったある日の出来事。オイル交換にお出でになった際、ミッションからのオイル漏れを発症が確認されました。(>_<)

原因は経年劣化によるミッション本体内部のメインシャフトオイルシール不良が原因でした。(ー_ー)!!

このままオイル漏れを放置した場合、最悪はクラッチディスクにオイルが付着し、クラッチが操作不能に堕ちいり走行不能は必定。

で、急遽トランスミッションのオーバーホールを施工した次第。

 

という訳で、当初の予定から約3年ほど遅れての今回のタイミングで幌/スクリーン交換が施工実現となりました。

 

 

幌交換と併せて必ず実施したいのがフロントピラー側も含めたウエザーストリップラバー7点を新品に交換する事です。

 

 

幌/スクリーン装着後は暫らく放置にて幌骨との馴染ませた後、左/右ドアーガラスとウエザーストリップのあたり面を調整。

 

 

各角度からホースにて水を掛けて水漏れを確認して完成となります。

ちなみに、今月に入って2台ほど続けて施工しましたが、どうやら極最近、製作寸法と生地の材質が変更になったようです。

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Copyright(C) 2018 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE