close >>

エンジン系メンテナンスは昨年中に施工終了!で、今回は外装メンテナンス施工しました。幌・スクリーン交換の様子です。(^O^)/

2019年07月27日

栃木県在住のT様ご所有の黄びーです。

昨年6月のこの際にエンジン系を含むミッションオーバーホール等のメンテナンスを済ませました。

 

 

この度は幌・スクリーン交換メンテナンス施工しました。

 

 

当然!雨漏れ等も防止するため、幌骨両サイドに3本ずつ装着されているウエザーストリップゴムも新品に交換。

上記画像右側の光っている部分をリテーナ言い、幌骨にウエザーストリップゴムを嵌め込んで装着する部位です。

 

 

リテーナはリベットにて止めていありますが、リベットを取り外すと画像のようにスチールの幌骨が現れます。※穴はリベットを打ち込む穴です。

 

 

外部から入庫してくる個体の中には、ここの部分が錆びて穴が空いてしまい、リテーナを再び装着出来ない状態の物も時折見受けられます。

※原因としては雨漏れするからと、コーキング剤をベタベタと塗布してある状態などの場合。コーキングが雨水の正規な通り道を塞いでしまい、リテーナと幌骨の間に錆が発生し、スチール製フレームがボロボロに朽ち果ててしまい再使用不可の場合も・・・。(>_<)

 

 

また、雨漏れを完璧にストップさせる為には、フロントピラー側のウエザーストリップゴム交換も必修となります。 

※特にAピラー部分からの雨漏れの場合こちらを交換しないと止まりません。

 

 

上記ウエザーストリップゴムを総て交換の後、縦横斜め3Dに動くサイドガラスの位置調整にて雨漏れはほぼ止まります。

※但し、過去修復歴等にてボディーに著しい瑕疵がある場合はこの限りではありません。

 

 

幌/スクリーン・ウエザーストリップゴム・サイドガラススタビライザー等交換調整作業を終えて、リフレッシュが叶ったT様の黄びー。

 

バシッ!と決まりましたね!!

 

引き続き楽しいビートライフをお送り下さい。(^^)/

 

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE