close >>

9台目のデモ兼代車作成中!

2016年01月09日

前オーナー様が原点回帰するか手放すか?迷われ、結局買取にて入庫した車両です。色比率4,3%と希少色である「クレタホワイト」! しかし保管状況の問題か?使用地域の問題か・・・。細かい部分の錆び腐食等あり、当店のクオリティーとして商品化には程遠~い個体。
但し、ここ10年来所有の間の車検他メンテについては殆ど千波ホンダにて施工済。ここが決め手かな?
DSC08984
う~んと悩んでビート9台目の代車として活躍する事に相成りました。潮来市のT/T様ご心配なく約束は守りましたよ!(お笑いの安村的な感じで)(^o^)
画像はローダーに載せてフロントピラー等外装の一部補修に向かうところです。

て、入庫車両をデモ車兼代車にするって当店の場合そう簡単ではありません。
遠方からお越しのお客様に貸し出すのですから、販売車両と同等のメンテナンスを施してからの活躍となります。要するに水まわり一式・Tベルト/WP・ブレーキ・エアコン等、メンテ費用はかる~く50~60万円掛かります。
ですから、ある程度のメンテを済ましていない個体では到底代車にすることは無理!ましてや商品化となると更に困難な訳です。
「商品化」・仕様違いの「デモ車兼代車」・一度お休み頂いてお乗りの方の為に活躍「パーツ補給車」

当店で販売するビートは殆どが管理ユーザー様からの買取りです。
現在までに約600台強のビートの販売実績及び多数のメンテナンス実績が御座います。
当店の場合、その大切にお乗りのBEATオーナー様が諸事情ににて手放される個体を買取りさせて頂いております。従ってHPにて都度ご案内しているメンテを済ました個体をベースに商品化している訳です。
正直言いまして業者間オークションからの仕入ではたとえ走行距離が少なくても、当店のクオリティー見合うメンテを施した場合。コストが掛り過ぎて、購入希望のお客様のご予算枠から益々かけ離れて入ってしまいます。

◎当店では販売する総てのビートに対して一定のメンテ基準を設けております。従って安いからここまで、高いからこれ以上やる的考えではなくを心がけております。販売価格の違いは走行距離に関わらず総合的な個体差となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE