close >>

カプチーノの原点回帰その2

2016年02月27日

前回の続きで先ずは足まわりのメンテナンスからです。

 

DSC00050

 

DSC00051

 

カプチーノの場合フロントのナックルスピンドルとハブベアリングが一緒に付いています。

従ってフロント側はナックルスピンドルASSY交換します。

カプチーノのパーツの中では結構お値段が張る部品。

※ビートと比べるとカプチーノのパーツは比較的安価です。

他の車種にも共有しているからでしょう。

 

DSC00040

 

リヤ側はビートと同じでナックルにベアリングが圧入されています。

 

画像はベアリングを取り外しているところです。

 


DSC09635

 

DSC09655

 

上記が外装補修前の状態です。

 

DSC00021

 

仕上がってきた外装です。

 

DSC00058

 

今回はアルミのルーフの仕上げに苦労しました。

一度修理済でしたがその際の処理方法に問題があり、パテの除去と共に全て剥離処理して凸凹を修正しました。

今回の塗装処理については正直コスト割れ(要するにマイナスです。)

※お客様にには追加請求いたしません。

 

DSC00034

 

DSC00036

 

DSC00035

 

色分けして有りますが新車時の状態を忠実に再現しております。

 

DSC00048

 

エアコンコンプレッサー・ターボチャージャ・ラジエーター等のエンジン周りはこれから作業です。

 

カプチーノの原点回帰その3にてまたご案内します。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気記事

Since 2006 isomasa web site Japanese text only
Copyright(C) 2019 isomasa auto All Rights Reserved. This web site is supported by DOSANITE